ワタミ定時株主総会に行ってきました。 

お食事券がもらえる気がしたので!

あとは新取締役候補の渡邉美樹さんを生で見れるかなというのもあったので。

日時2019年6月24日(月) 午前10時~
場所品川駅徒歩1分
SHINAGAWA GOOS 1F
TKPガーデンシティ品川 
お土産お食事券1,000円
伊右衛門500ml
キャロット&オレンジ160g
生姜×ウコン 



第33期定時株主総会の会場へ!

品川駅を出ると大雨でした。

前にワタミ定時株主総会に来た時も雨だったような気が・・・

梅雨時だからしょうがないか・・・



会場の入口前に到着!

受付のお姉さんに招集通知を渡します。

招集通知の第2号議案の取締役5名選任の「賛・否」の部分には「賛」に「〇」を付けて「5番を除く」と記載して提出しました。
※候補者番号5=渡邉美樹氏

IMG_3951



招集通知と引き換えにお土産の入った袋をくれました。

DSC_0466



トイレに行ってから会場に入ります。



会場左側の前から5番目の席に座りました。

DSC_0468



第33期定時株主総会開始!

10時になり清水社長からの挨拶が始まりました。

以下の順に進めますと説明。
  • 監査報告
  • 第33期事業報告とグループの方向性
  • 決議事項説明
  • 質疑応答
  • 決議事項決定

最後に「なにそつよろしくお願いいたします」と・・・

よくある「何卒(なにとぞ)」を「なにそつ」と読んでしまった間違いです・・・

社長が・・・



監査報告

最初は監査人からの監査報告からです。

問題なしとのことです。

どこの企業も問題ないという監査結果になるんだと思うけど。



事業報告とグループの方向性

召集通知の内容に沿って事業報告とグループの方向性の説明が始まりました。

以下が印象に残りました。
  • 炭旬とかめんこやとかしろくまストアていう店も出店したんだ!知らなかった!
  • らーめんのにぼ助なんていう店もあるんだね?
  • から揚げの天才テリー伊藤との共同で構想を立てたんだって。
  • 業態転換で和民からミライザカ鳥メロに転換した店が好調だって。飲み物が安いからね。食べ物は高いけど。
  • から揚げの天才めんこやにぼ介はフランチャイズで広げる。
  • 2019計画は新店35店、業態転換35店の計画。
  • FCモデル作りを推進する。
  • 生産性改善プロジェクトも立ち上げ。
  • 海外事業は香港が好調。不採算店の整理とパスタホリックへの転換の効果。
  • 台湾では肉亭わたみの業態を開発中。
頑張って立て直してほしいです。



決議事項説明

決議事項は3件です。

第1号議案は剰余金処分について。
 
当期の期末配当につきましては、当初計画に1株当たり2.5円を増配し1株当たり7.5円といたしたいという内容です。

これは配当で受け取れる金額が1株5円から7.5円に増えるので大賛成です。



第2号議案は取締役5名選任についてです。
 
以下の5名を選任するということです。
  • 清水社長
  • 吉田氏
  • 小田氏
  • 磯野氏
  • 渡邉美樹
渡邉美樹氏は復活しちゃうのか?



第3号議案は取締役に対する譲渡制限付株式の付与のための報酬決定についてということですが・・・

良くわからなかったから別にいいや。 



質疑応答

決議事項の説明が終わって質疑応答の時間になりました。

主な内容は以下の通りでした。

:撤退した店の数と内訳が知りたい。
:2018年度に撤退した店舗数は15店でほぼほぼ赤字の店舗。2店は契約更改ができなかった店舗。

:渡邊美樹さんは創業者であり株を持ってると思っていたが「なし」となっている。持っていないのか?
:渡邊美樹の株は有限会社アレーテーが持っている。


ブラック企業に救いの手を差し伸べる“救世主”が現れた。

大手居酒屋チェーン「ワタミ」は1月22日、コメ卸最大手で、回転寿司チェーンも展開する「神明ホールディング」への株式売却を発表したのである。

果たして、「ワタミ」創業者の渡邉美樹氏(56)は何を思う。

「ワタミ」創業者の渡邉美樹氏  ワタミが神明へ売却したのは、保有する自社株約10%のうちの約4%。金額にすると、約14億円に上る。実は、神明は“救世主”と報じられているが、ワタミは手堅い企業と組んでマイナスイメージを薄めるのが狙いだという。

ワタミの元社員によれば、
「経営の第一線から身を引いたとはいえ、社内で渡邉さんの影響力は絶大。“ワタミは、自分の子供同然”と公言してきた彼にとって、自社株売却を知らされた時には忸怩たる思いだったのではないでしょうか」
で、渡邉氏の影響力は低下するのか。

経済誌の外食担当記者はこう否定する。

「神明は経営ノウハウがなく、米の販路拡大が狙いなので、経営に対して積極的に口出しするつもりはない。ワタミの清水邦晃社長は、今でも“渡邉教”の熱狂的な信者ですから、今後も重要案件は必ず“教祖”にお伺いを立てるはずです」

ワタミの株主名簿を見ると神明は5位に過ぎず、1位には「アレーテー」なる会社が名を連ねている。

「アレーテーは、ワタミの筆頭株主で25・09%を保有する渡邉さんの個人資産管理会社です。

社長は彼の長男。

取締役には渡邉さんのみならず、奥さんも名を連ねています。

結局、“渡邉支配”の構図に何の変化もありません」(同)

アレーテーは、ギリシャ語で“奉仕”。

渡邉氏のその思いが、社員や顧客に向けられていないことだけは間違いない。

 「ワタミ」に救世主で生き延びる創業者「渡邉美樹」 | デイリー新潮(2016年2月4日号掲載)


:働く環境について。長時間労働の再発、パワハラ防止についてはどうなってるか。
:離職率について2015年度の21%から2018年度は8.5%に下がった。専門部署をつくりそこから個人に直接連絡するようにした。業績が回復してきてお客様から暖かい言葉をかけられたりしてヤリガイが感じられるようになったこともあると思う。

:渡邊美樹さんの取締役への復帰について。ブラック企業となり退陣した。飲食業界はパワハラというイメージがある。渡邊美樹の呪縛というのはないのか?
:僕(清水社長)は渡邊美樹さんとはアルバイトから30年の付き合い。強烈なリーダーシップがあったからこそワタミを大きくできたと思う。赤字転落から5年間みんなで頑張り業績が回復してきた。ここからさらに夢を広げていくには渡邊美樹さんの参議院議員での人脈や知識が必要。ワンマン型に戻るのかというとそうではない。渡邊美樹さんからも「みんなが考えるようになったね。これは僕にはできなかったと思う」という言葉ももらった。

:取締役選任の部分に「監査等委員である取締役を除く」との記載があるが「監査等委員」とは何か?適任というのはどういうことなのか?私の観点では2011年に渡邊美樹さんが都知事選に立候補されて、2013年に参議院議員になられてから2014年・2015年と2期連続で赤字となった。そのとき以降の渡邊美樹さんの発言として「私が経営に携わっていたらこうはならなかった」「私は1000%、ワタミの経営には戻らない」「清水社長の舵取りについてはぜんぜん安心していない」というのがあった。そういうものも含めて何が適正なのか?プレジデント社からワースト経営者のナンバーワンにもなっている。
:(常勤監査等委員が答える)監査等委員会としては渡邊美樹氏の取締役選任については方針に合致するものである。また知識・経験・実績等を総合的に勘案し適任であると評価したものである。(清水社長に交代)私がお願いしました。今の社員は渡邊さんの考えや思いに共感した人がほとんど。心配されるような関わり方ではなく戦略の部分で関わってもらう。

:株主としては配当より優待を増やしてほしい。
:確かに業績の苦しいときに減らした。現在は営業利益1%。もう少し回復したら検討したい。

:農業については1.8億の赤になっている。昨年度も1.3億の赤。どう回復していくのか?
:1つの農場で色々な作物を作ってきたが、どこで何を作るのが向いているかが分かってきた。1つの農場で作るものを固定するようにして営業利益ゼロも目指す。農業部門はコスト部門として認識。

:取締役、壇上すべて男性。異常だと感じる。女性の社員を大切にして意見を営業方針に反映してもらいたい。
:現状の社員は男女比は7:3。女性幹部は34名。取締役に女性がいないのは今の時代の流れにあってないと感じている。

:社外取締役について。ワタミ復活において社外取締役に期待したいが殆どが常勤監査役。渡邊美樹さんに対抗できるような社外取締役を入れてほしい。次回でいいので。
:ご意見ありがとうございます。いま、取締役会の1/3~半分近くで監査役の3人からご意見をいただいている。これからも渡邊が戻ってきても意見をもらえると思う。

:ワタミには客のブラックリストがある。焼そばを食べてポテト持ち帰りをお願いしたらNGと言われた。店長が変わっても「もう来なくていい。出入り禁止になっている」と言われた。あと、店に入るとガラガラなのにトイレの近くの二人席に案内される。いつも30分で帰るのを知ってると思うのでガラガラの時には広い席に案内してほしいと思う。
:ブラックリストで差別するようなことはないのではと思うが把握する。ポテトフライの持ち帰りも火を通したものであれば持ち帰りは問題ない。

:(外国人男性)将来のワタミの戦略。ウィッシュ。どういう風に外食業界・レストラン業界で他と差別するか。明るい将来があるかどうか?社長から聞きたい。
:中長期計画を出すべきだがまだ社外に出すことはしていないが社内的には同じようなものがある。足元が固まらない中というのもある。5年で失ったものは大きかった。10年かけて以前の状態に戻し今の倍くらいまで伸ばしたい。外食は直営だけではない考え方、宅食はAI等で無人の営業所を作ったり海外とどう向き合っていくかなど考え取り組んで行きたい。でも基本的には人で差別化できる事業に取り組んでいくことと、創業から大事にしてきた安心・安全な食を通して世界中の方に幸せを届けることを目標としたい。

:何年か前に清水社長に「10年くらい社長をやってほしい」と言った。でも30年くらいやってほしい。渡邊氏に対抗できるのは清水社長くらいしかいない。で、質問です。損益計算書の法人税等調整額とは何か?
:赤字のときの取り崩し分を戻した。今回一過性のもの。

:渡邊美樹さんが戻ることに賛成。やめた後に業績がダウンしている。ブラックを返上し株価も上がり配当と優待も増える。株主にとってこんなに嬉しいことはない。手腕に期待します。
:たぶん裏にいるので喜んでると思います。

:株主優待が最小単元で6,000円だったのがランチOKで3,000円になった。でもランチ使えないといわれた。
:ランチでも使えます。どこですか?(質問者より上野浅草のGOHANとの答え)。伝達が悪かったと思うので伝えます。

:上井草の炭旬が一番いいと思っていたのに閉店。今は大塚と綾瀬の2店しかない。営業が悪くて閉店したのか?
:オーナーの家賃が上がって利益が見込めなくなり撤退した。炭旬はワタミから独立した社員にやってもらっている。

:ワタミの店には禁煙席がない店がいくつかある。とても残念。
:業態においては全席禁煙もあるが居酒屋はまだ。(リーダーに交代)来年の法律制定があり喫煙ルームを作る予定。来年4月からは基本的に店内は喫煙できなくなる。


決議事項決定

質疑応答の時間が終わって決議事項決定の時間が始まりました。

社長「第一号議案、剰余金処分についての採決を行います。本案にご賛成の株主様は拍手をお願いします」

パチ・パチ・パチ・パチ・パチ・・・

社長「事前にご提出いただいております議決権行使書を含め過半数の賛成により本案は原案通り可決・承認されました」



社長「続いて第二号議案、取締役5名選任についての採決を行います。本案にご賛成の株主様は拍手をお願いします」

パチ・パチ・パチ・パチ・パチ・・・

渡邊さん選任に反対なのでTKは拍手しませんが、拍手は多かったです。

社長「事前にご提出いただいております議決権行使書を含め過半数の賛成により本案は原案通り可決・承認されました」



社長「続きまして第三号議案、取締役に対する譲渡制限付株式の付与のための報酬決定についての採決を行います。本案にご賛成の株主様は拍手をお願いします」

パチ・パチ・パチ・パチ・パチ・・・

社長「事前にご提出いただいております議決権行使書を含め過半数の賛成により本案は原案通り可決・承認されました」



取締役紹介

取締役の紹介が始まりました。

取締役の方が「〇〇です。どうぞよろしくお願いします」と挨拶していきます。

4名の挨拶が終わって最後に渡邊さんです。

「任命いただきましてありがとうございます。国会議員任期満了後に日本中の、またアジアのワタミの現場をまわりまして一人ひとりの社員と話をさせていただいたうえで自分がどんな役割を果たせるのか決めさせていただきたいと思います」



続けて後監査役3名の挨拶がありました。

そして最後に清水社長からの締めの挨拶があり株主総会は終了とのこと。



さらに「この後、和民が今まで何を大切にしてきたのでさらに何を大切にしていくのかを15分間のVTRにまとめています。ぜひご覧になってください」との話がありました。

見ていくことにします。



ワタミが大切にするもの(15分間VTR)

VTRが始まりました。

ドキドキの初デート・・・

2ショットはパパと愛娘だけど・・・

パパと愛娘は実の親子じゃないんです・・・

本当のパパとママは天国にいます・・・

2007年・・・

親子の物語はここで始まりました。

孤児院です。

同じ苦しみをもった兄弟・・・

みんなのパパ和渡邊美樹さん。

東南アジアの楽しそうなかわいい子供たちを見るとなんかほろっとしちゃいます。



卒業生から重大報告。

一緒に育った仲間と結婚。

その仲間と飲んでる渡邊さん。

渡邊さんが設立したスクールエイドジャパン。

渡邊さんがレモングラスオイルで作るレモングラス石鹸を考案。

なんかだんだん渡邊美樹がいいやつに思えてきた・・・




ここで渡邊さんの起業時の話が。

資本金は宅配便ドライバーで貯めた。

300万円を1年で貯めると決めた。

なぜなら当時の有限会社を作る条件が資本金300万円からだった。

これは有名な話ですね。



その後はワタミの事業の話。

から揚げの天才など新しい業態の紹介。

テリー伊藤も登場。



ワタミの宅食の話。

お弁当箱をバイオポリエチレンにリニューアルしていく。

バイオポリエチレンの原産国はブラジルのサトウキビ畑。

サトウキビの汁から作る。



2012年再生可能エネルギーに参入。



森林保護活動をスタートして13年。

84ヘクタールの森づくりをしている。

伐採した木は渡邊さんの提案で中学校の勉強机に。

机の天盤の裏になりたい自分の姿を書く。

天盤の裏に書かれた目標の映像も流れました。



岩手県陸前高田氏で復興の手伝い。

事業支援も。



人の夢は奇跡を起こすと考えている。



カンボジアの話に戻りました。

孤児院から大学に進学した女性。

成長した娘の姿を母親に見せたい。



子供のころ・・・

ゴミ捨て場でプラスチックのかけら拾って20円のお金に換えていた。

父は蒸発、母は病気。

お金は母親の薬代に代わってしまう。

女の子は「ゴミ捨て場は嫌じゃないです。だってあそこに行けばお金が稼げるから。お母さんの薬だって買えるでしょ」と・・・

娘を孤児院に預けることにに決めた母親は写真一枚を残して行ってしまった。

今の娘を見たら何と言うのでしょう・・・

なんかまたほろっときちゃいます・・・



教育系の話しになります。

スクールエイドジャパンがカンボジアでニュースに。

カンボジアの子どもたちに無料でDVD教材の配布をしています。

渡邊氏「プノンペンと地方の距離の格差。これを進めていくことが次の課題だと思っています」

教材撮影をする専用スタジオを作った。

出演者は首都プノンペンの有名な教師。

高校1年から3年までのすべての授業をDVDに収める計画。

生まれや育ちに関係なくチャンスを掴んでほしい。

DVDは夢のチケット。



バングラデシュの話へ。

渡邊さんはアジアの発展途上国に縁があります。

子供であふれかえる小学校の教室。

学校が不足しているといいます。

弟や妹を隣に座らせて学校で勉強をしている子供の映像・・・

教室で子盛をする風景も珍しくないとの説明。

学校は建てればいい。

資金はスクールエイドジャパンに寄せられた寄付金。

スクールエイドジャパンが建設した学校の200校目の映像が流れる。

開校式の映像。

生徒たちのリクエストに応えて体育館も増築。

サッカー大会で子供たちとサッカーをする渡邊さん。

ゴールを決めてガッツポーズ。

なんか渡邊美樹さんに頑張ってもらってワタミを大復活させてほしいという考えに変わってしまいました・・・



最後に渡邊美樹さんからの一言。

夢をかなえるためにはどうしてもかなえたいと思うこと。

一番大事なことはあきらめないことです。

あきらめなければ夢は必ずかないます。

夢は素敵な現実を生むんです。

おっさんには響かなかったけど・・・
VTRは終了しました。



お土産

自宅に帰ってお土産を確認しました。


まずは伊右衛門500ml・キャロット&オレンジ160g・生姜×ウコン2袋です。

IMG_3998



封筒には1,000円のお食事券が入ってました。

IMG_4003



あとはクリアファイルに入ったパンフレットなど。

IMG_4001



宅食らいふ Corporate Profile 2019社会貢献活動についての3種類です。

IMG_4002


宅食らいふの内容はにはワタミの宅食の商品案内や通販カタログなどでした。

最初のページは渡邊美樹さんとワタミのSDGs推進本部長が握手をしている写真があり「2030年までに和民はゴミ排出ゼロを目指します」という内容の記事がありました。



Corporate Profile 2019 にはワタミの事業の説明が記載されていました。



社会貢献活動についてのパンフではワタミグループが応援する社会貢献活動を行う3団体について紹介されていました。

以下の3つの公益財団法人を支援しているんですね。
  • School Aid Japan
  • Save Earth Foundation
  • みんなの夢をかなえる会

お し ま い